感染の方法 | インターネット上で働いているシステムを知ろう

インターネット上で働いているシステムを知ろう

六角形模様

感染の方法

標的型攻撃によって、パソコンはウィルスによる感染を引き起こしてしまいますが、様々な方法でウィルスは送り込まれてしまいます。
そのため、感染経路をしっかり把握しておいて標的型攻撃に対する対策を固めておくことが大切なので、しっかりと把握しておくようにしましょう。
また、多くの場合はメールにウィルスを添付して送り込むという方法があります。
メールに添付されているデータを開くことによって、パソコンがウィルスに感染してしまうことがあるので、見覚えのないメールが来たら開封を避けるようにしましょう。
また、メールによるウィルスの添付は、不特定多数の人に送られてくるので、誰にでもこのような被害を受ける可能性はゼロではありません。
知らない人からのメールは開かずに削除するというような方法で対策を進めていきましょう。

標的型攻撃の一つとしてメールが紹介されていますが、webページを閲覧している場合でもこのような被害に遭ってしまうこともあります。
メールの次に多い感染経路として挙げられるのが、ソフトのダウンロードとなっており、行うことによってウィルスに感染してしまいます。
内容についてよく分からないソフトや、フリーソフトのダウンロードは避けておいて、信頼性の高いソフトのみ信用するようにしましょう。
このように、標的型攻撃は様々な手法でパソコンにウィルスを送り込むので、これらの被害を受けないように、予防を進めて行くようにしましょう。

Copyright© 2015 インターネット上で働いているシステムを知ろう All Rights Reserved.